namaの安くて強い遊戯王デッキ研究所
遊戯王カードについて、新たな可能性と、比較的お財布に優しいデッキを研究していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダークブレイズドラゴンの強さは異常
ふふふ・・・今回はこのカードの魅力について存分に語ってやろう。
ダークブレイズドラゴン
ダークブレイズドラゴン。このモンスターは無限の可能性を秘めている。まず1つ挙げられる点は、このモンスターが墓地から特殊召喚されたときに、ステータスが倍になるという、普通では考えられないほどの強力な効果を持っている。墓地から特殊召喚すれば、攻撃力2400という、ブリューナクすら凌駕する圧倒的な攻撃力を持つことになるのだ。
もう1つは、このカードが戦闘によって破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを与える、強烈なバーン効果も持つ。相手の下級アタッカークラスのモンスターを倒すことができれば、相手のライフの4分の1など、容易く削ることができるのだ。
これだけの効果を持てば十分だというのに、信じ難いだろうが、このカードは手札・デッキからの特殊召喚に一切の制限が無い。これほどまでに強力なモンスターを召喚するのに苦労しないのは、非常に大きな利点でもある。ただし、手札・デッキから特殊召喚すると、ステータスがそのままになってしまう。
だが心配することはない。攻撃力1200、守備力1000というステータスは、リクルーターに対応しているという点で大きな利点となる。これは何を意味しているのかというと、強力なモンスターを召喚しつつ、デッキ圧縮を可能としているのだ。しかも、対応しているリクルーターは1つではない。召喚する幅が非常に大きいのだ。
前述の通り、このカードはリクルーターに対応している。そして、このカードはレベル7である。それが何を示すかというと、このカードはリクルーターから特殊召喚できる数少ないレベル7のモンスターなのである。
同じリクルーターに対応したチューナーモンスター、ガード・オブ・フレムベルとシンクロすれば、強力なシンクロモンスターを展開しつつ、このカードを墓地に送り、可能ならば追撃も行うことができるのだ。
さらにガードオブフレムベルをコストに、戦線復活の代償を発動することができ、墓地にあるこのカードを高ステータスで特殊召喚することができるのだ。
仮に低ステータスで召喚したのではろくに戦闘破壊できないとお思いのようだが、それは違う。どういうことかというと、このカードが収録されていた、「ストラクチャーデッキ-巨竜の復活-」に同時収録されている、《フォース》の存在があるからである。このカードさえあれば、例え攻撃力が1万を超えたキメラテックオーバードラゴンであろうが、実質攻撃力が0として扱われてしまうのだ。
最後に挙げる点は、このカードがドラゴン族であることだ。レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンの効果で特殊召喚することも可能な上、F・G・Dにも対応している為、未来融合-フューチャーフュージョンの効果で墓地に送ることができるのだ。
まだまだこのカードには、利点と呼べることがいくらでもある。ここで挙げた例は、ほんの氷山の一角に過ぎない。これほどまでの利点を持つモンスターが、カードショップで数十円で投売りされているのを見ると、私は悲しくなる。
ぜひとも、このカードの魅力を知り、使ってみて欲しい。


・・・というわけで、【ダークブレイズドラゴン】組んできます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。