namaの安くて強い遊戯王デッキ研究所
遊戯王カードについて、新たな可能性と、比較的お財布に優しいデッキを研究していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンディミオン軸アーカナイトマジシャンビート
SDマジシャン出たら、こんなデッキを作ろうと思う。
モンスター(22枚)
霊滅術師 カイクウ×3枚
魔法の操り人形(マジカル・マリオネット)×2枚
魔導戦士 ブレイカー
水晶の占い師×2枚
神聖魔導王 エンディミオン×2枚
熟練の黒魔術師×3枚
執念深き老魔術師×2枚
見習い魔術師×3枚
マジカルフィシアリスト×3枚
ブラック・マジシャン

魔法(15枚)
魔力掌握×3枚
魔法都市エンディミオン×3枚
大嵐
死者蘇生
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚
テラ・フォーミング×2枚
ディメンション・マジック×2枚

罠(3枚)
マジシャンズ・サークル×3枚

エクストラデッキ
アーカナイト・マジシャン×3枚
カオス・ウィザード
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)×3枚
他はお好みで


このデッキの特徴は、《魔力掌握》の存在にある。
デッキ圧縮および魔力カウンター増加と、非常に優秀な役割を担っているのだ。
魔法使い族には、デッキ圧縮に長けたカードが多いので、それらを主軸にするとなにか新しい発見があるかもしれない。
基本的な回し方は、


1.《マジカルフィシアリスト》+《音楽家の帝王》=《アーカナイト・マジシャン》
2.《マジカルフィシアリスト》+《魔法の操り人形》=《アーカナイト・マジシャン》
3.《魔法都市エンディミオン》+《アーカナイト・マジシャン》
4.《魔力掌握》or《見習い魔術師》+《アーカナイト・マジシャン》


などを狙っていく。手札事故を招かないように、シナジー面は配慮してある。
上手くいけば、《神聖魔導王 エンディミオン》からの《死者蘇生》での大量展開や、《アーカナイト・マジシャン》《ディメンション・マジック》での大量カード除去からの一斉攻撃などが期待できる。

※デッキの派生
【サモンプリースト】軸・・・《召喚僧サモンプリースト》や、《フレムベル・マジカル》を採用してシンクロの幅を広めたタイプ。
【図書館エンディミオン】・・・魔力カウンターを代用できる、《魔法都市エンディミオン》の効果を利用して、《王立魔法図書館》のドロー加速効果をふんだんに使用したバーンデッキ。《テラ・フォーミング》→《魔法都市エンディミオン》→《デス・メテオ》→《王立魔法図書館》で1ドロー→魔法カード2枚発動(候補としては《トゥーンのもくじ》や《魔力掌握》)→《魔法都市エンディミオン》の代用効果でさらにドロー→《テラ・フォーミング》などを駆使して《魔法都市エンディミオン》を上書き発動・・・
一気にライフを削りきる。《連弾の魔術師》や《悪夢の拷問部屋》を使えば、相手ライフはどんどん減る。
スポンサーサイト
コメント
コメント
無し
魔法族の里入れたら?
2009/08/19(水) 01:28:18 | URL | 死神 #qbIq4rIg [ 編集 ]
駄目だ
それじゃあ魔法都市の意味が無くなる
2009/08/30(日) 23:03:26 | URL | 龍神王 #1te8Cfhs [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。