namaの安くて強い遊戯王デッキ研究所
遊戯王カードについて、新たな可能性と、比較的お財布に優しいデッキを研究していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死皇帝?デスカイザー?
さて、夏休みも終わったし、そろそろ新しいデッキでも作るか。ちなみに9日は自分の誕生日です。
今回の制限改訂(2008年度9月1日適用)では、「光と闇の竜」が準制限解除を果たし、見事3積みできるようになりました。
しかし、以前猛威を振るった【デステニーライダー】は、《D-HERO ディスクガイ》の禁止カード化により、構築はほぼ不可能になりました。
よって、以前ほど猛威を振るうことはないでしょう。
今回自分が製作するのは、【陵墓ライダー】というデッキタイプ。前に特殊召喚メタに大量の回復カードと大量のメタモンスターと虚無魔人とライダーというものをDOで作ったのだが、ジリ貧になった。
だから、今回はそんなことなく、ライダーと最上級でビートしていくものを作っていこう。

最上級モンスター候補。
《光と闇の竜》は3枚積みする。あとは《死皇帝の陵墓》で召喚できる有力なモンスター・・・
《火之迦具土》《創世神》くらいが候補かな。しかし、この2体はいずれも墓地からの特殊召喚は不可能なので、ライダーと相性が良くない。さらに、創世神で何を蘇生させるんだ、ということ。
《ダークブレイズドラゴン》なんかいかがだろうか。ここにきて真価を発揮してもらおう。

《死皇帝の陵墓》で召喚するモンスターは、ほとんど特殊召喚不可能。墓地に送られた際のために《創世の預言者》《死者転生》のいずれかを投入して、手札に来た《ダークブレイズドラゴン》を墓地に送りつつ再利用するなんてのもいいかも。

下級モンスターが悩む。《火之迦具土》を採用するなら、《炎を支配する者》を投入するのもいいし、《創世神》を投入するなら、《カイザー・シーホース》なんかもいい。
前者の場合は、《タイラント・ドラゴン》なんかもいいし、後者なら《光神機-轟龍》なんかもよさそう。
爆発力なら炎属性、安定性なら光属性か。そして《浅すぎた墓穴》で。
今回自分は光属性型を作ろうと思う。ほとんどのカードは『ストラクチャーデッキ-巨竜の復活-』を購入すれば揃う。
このストラク、単体だと力不足だけど、強化すれば十分に強力になるだろう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。