namaの安くて強い遊戯王デッキ研究所
遊戯王カードについて、新たな可能性と、比較的お財布に優しいデッキを研究していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STORM OF RAGNAROK 考察
11月13日発売の新パック「STORM OF RAGNAROK」。
そろそろ全カードの効果が分かったみたいなんで、僕なりに考察してみます。
※以下遊戯王カードwikiより引用
《極星獣(きょくせいじゅう)グルファクシ》 †
チューナー(効果モンスター)
星4/光属性/獣族/攻1600/守1000
相手フィールド上にシンクロモンスターが表側表示で存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。


デメリットの存在しない☆4チューナー。「極神皇トール」の召喚にも必要。
光属性・獣族と優秀で、ステータスも悪くない。おまけに展開補助効果つき。
時代の変化を感じる1枚です。


《極星天(きょくせいてん)ヴァルキュリア》 †
チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/天使族/攻 400/守 800
このカードが召喚に成功した時、相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にこのカード以外のカードが存在しない場合、
手札の「極星」と名のついたモンスター2体をゲームから除外して発動する事ができる。
自分フィールド上に「エインヘリアル・トークン」
(戦士族・地・星4・攻/守1000)2体を守備表示で特殊召喚する。


ハラルドの使った、「神」を呼び出すのに役立ったカード。
こいつのせいで「極星天」シリーズは少ないけど、それを補う強力な効果を持つ。
というか、これかなり便利だと思う。


《真六武衆(しんろくぶしゅう)-キザン》 †
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 500
自分フィールド上に「真六武衆-キザン」以外の
「六武衆」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
自分フィールド上にこのカード以外の「六武衆」と名のついた
モンスターが表側表示で2体以上存在する場合、
このカードの攻撃力・守備力は300ポイントアップする。


コンマイさん、これはやりすぎよ……
「六武衆」シリーズ最新作。師範のようにサルベージ効果はないが、2100火力は十分。
六武の新たに加わるアタッカーとなるでしょう。


《真六武衆(しんろくぶしゅう)-エニシ》 †
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守 700
自分フィールド上に「真六武衆-エニシ」以外の
「六武衆」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
「六武衆」と名のついたモンスター2体をゲームから除外する事で、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。
また、自分フィールド上に「真六武衆-エニシ」以外の
「六武衆」と名のついたモンスターが表側表示で2体以上存在する場合、
このカードの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。


誘発即時バウンス効果を持った六武衆。なにこれこわい。
キザンや師範と組み合わせれば、効果発動条件には苦労しない。
墓地コストは六武にとってはやや重いが、フリーチェーンなのが凶悪。
シンクロモンスターを気軽に召喚することはできないでしょう。


《真六武衆(しんろくぶしゅう)-シエン》 †
シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻2500/守1400
戦士族チューナー+チューナー以外の「六武衆」と名のついたモンスター1体以上
1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動する事ができる。
その発動を無効にし、破壊する。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、
代わりにこのカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
「六武衆」と名のついたモンスター1体を破壊する事ができる。


フルールド・シュバリエ、ワイゼルとかと同じ制圧効果を持つ。
大将軍紫炎と違う点は、発動チェーンするかを自分で決めるとこ。
気軽に出せる割に強力な、六武の新しい形に注目。


《カラクリ守衛(しゅえい) 参壱参(サイサン)》 †
チューナー(効果モンスター)
星4/地属性/機械族/攻 600/守1800
このカードは攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、
このカードの表示形式を変更する。
このカードの戦闘によって自分が戦闘ダメージを受けた時、
自分フィールド上に表側表示で存在する「カラクリ」と名のついた全てのモンスターの
攻撃力・守備力は、エンドフェイズ時まで800ポイントアップする。
また、このカードはフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り
戦闘では破壊されない。


「カラクリ」の攻守を底上げする。
自分からブン殴りにいくと大ダメージを被るので、効果はあまり使わないかも。
ただ☆4チューナーなので、採用余地大いにアリ。


《カラクリ忍者(にんじゃ) 九壱九(クイック)》 †
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1700/守1500
このカードは攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、
このカードの表示形式を変更する。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
自分の墓地に存在するレベル4以下の「カラクリ」と名のついた
モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚する。


攻撃力1700での戦闘破壊はやや難しいけど、蘇生効果はgood。
サポートカードを組み合わせて、大量展開に持っていきたい。


《カラクリ大将軍(だいしょうぐん) 無零怒(ブレイド)》 †
シンクロ・効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2800/守1700
チューナー+チューナー以外の機械族モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
自分のデッキから「カラクリ」と名のついたモンスター1体を
特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「カラクリ」と名のついたモンスターの表示形式が変更された時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


名前がヒドい。
表示形式変更時のドロー効果でダメージはさらに加速した
それはおいといてこれは強すぎないかマジで。うまく使えばもう1体無零怒出せるぞ。
無零怒と無零怒でダブルブレイド・・・ってやかましいわ!


《スクラップ・シャーク》 †
効果モンスター
星4/地属性/魚族/攻2100/守 0
効果モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを破壊する。
このカードが「スクラップ」と名のついたカードの効果によって
破壊され墓地へ送られた場合、自分のデッキから
「スクラップ」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。


スクラップは組んだことないからわからんけど、おろ埋効果と自壊効果を持ったアタッカー。
シーラカンスから出して何かできる……かも?


《音響戦士(サウンドウォリアー)ベーシス》 †
チューナー(効果モンスター)
星1/風属性/機械族/攻 600/守 400
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する
「音響戦士」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターのレベルを手札の枚数分上げる。
また、自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分フィールド上に表側表示で存在する「音響戦士」と名のついたモンスター1体のレベルを
エンドフェイズ時まで手札の枚数分上げる。

《音響戦士(サウンドウォリアー)ドラムス》 †
チューナー(効果モンスター)
星2/風属性/機械族/攻 700/守 700
属性を1つ宣言し、フィールド上に表側表示で存在する
「音響戦士」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターは宣言した属性になる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、属性を1つ宣言し、
自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分フィールド上に表側表示で存在する
「音響戦士」と名のついたモンスター1体は宣言した属性になる。

《音響戦士(サウンドウォリアー)ピアーノ》 †
チューナー(効果モンスター)
星3/風属性/機械族/攻 900/守1300
種族を1つ宣言し、フィールド上に表側表示で存在する
「音響戦士」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターは宣言した種族になる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、種族を1つ宣言し、
自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分フィールド上に表側表示で存在する
「音響戦士」と名のついたモンスター1体は宣言した種族になる。



シンクロ召喚をサポートする、オモシロ効果を持ったカテゴリ。
レベル・種族・属性を変えられるので、普通のデッキにブチ込んでトライデンドドラギオンとかになれる。
プレイヤーによって『音色』が変わる、ユニークなカード。


《極神皇(きょくしんおう)トール》 †
シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/獣戦士族/攻3500/守2800
「極星獣」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターの効果を
エンドフェイズ時まで無効化できる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され
墓地へ送られた場合、そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星獣」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、相手ライフに800ポイントダメージを与える。


効果無効化、復活およびダメージ効果と、『神』としての存在感を大きく示しているモンスター。
シンクロ召喚はそれほど難しくなさそうなので、使えないことはなさそう。
奈落だけは警戒したい。


《極神皇(きょくしんおう)ロキ》 †
シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻3300/守3000
「極星霊」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分のバトルフェイズ中に相手が魔法・罠カードを発動した時、
その発動を無効にし破壊する事ができる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星霊」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する罠カード1枚を選択して手札に加える事ができる。


トールが効果モンスターに強いのに対し、ロキは幽閉に強い。
罠カードには強力なものが多いから、相手に「神」の存在感を大きく示すでしょう。
脱出装置とか再利用されたら怖すぎる。


《極神聖帝(きょくしんせいてい)オーディン》 †
シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻4000/守3500
「極星天」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
このカードはエンドフェイズ時まで魔法・罠カードの効果を受けない。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星天」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。


魔法・罠耐性効果とやや地味だが、復活した時のドロー効果は便利そう。
光属性・天使族と優秀なので、自身の効果と伴って再利用が利きやすい。
専用デッキを組めば化ける……かもしれない。


《神々(かみがみ)の黄昏(たそがれ)》 †
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
「極神」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターのコントロールを相手に移す。
次の相手のエンドフェイズ時、選択したモンスターを破壊し、
相手フィールド上に存在するカードを全てゲームから除外する。


蘇生効果を利用した、神専用魔法。
相手の場を壊滅させることができれば、大きなアドバンテージを取れる。
ただ1ターン耐えることができるか、という話。とてもリスキーなカード。(神をリリースされたりシンクロ素材にされたりしたらエンドフェイズの除外効果は発動しなくなると思われる。相手に利用されるわ神は失うわ蘇生できないわでディスアドって話じゃないくらい自分の場は壊滅する。)


《最後(さいご)の進軍(しんぐん)》 †
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
「極神」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
このターンのエンドフェイズ時まで、
選択したモンスターの効果は無効化され、
このカード以外の魔法・罠カードの効果を受けない。


神を守る、結構便利そうな魔法カード。でもこれって、全然最後じゃないよね。


《六武式三段衝(ろくぶしきさんだんしょう)》 †
通常魔法
自分フィールド上に「六武衆」と名のついたモンスターが表側表示で3体以上存在する場合、
以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。
●相手フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カードを全て破壊する。
●相手フィールド上にセットされた魔法・罠カードを全て破壊する。


六武のサポートカード。
展開の速い彼らなら、発動に苦労はしないだろう。
但し、こういったカード事故率が高いので安定を求めるなら採用は少なめにしたほうがいいかも。


《借(かり)カラクリ蔵(くら)》 †
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「カラクリ」と名のついたモンスター1体を
選択して発動する。自分のデッキからレベル4以下の「カラクリ」と名のついた
モンスター1体を手札に加え、選択したモンスターの表示形式を変更する。


キャーナマサーンカラクリノサポートカードヨー
カラクリ版増援。前に作ったデッキが、より安定してコンボを狙えそう。


《トークン復活祭(ふっかつさい)》 †
通常魔法
自分フィールド上に存在するトークンを全て破壊する。
この効果で破壊したトークンの数まで、フィールド上に存在するカードを破壊する。


トークンをアドバンテージに変える、変わったカード。
綿毛を筆頭に、いろいろ悪用ができそうな気がする。
ていうか復活してねぇじゃねぇか!


《禁(きん)じられた聖槍(せいそう)》 †
速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は800ポイントダウンし、
このカード以外の魔法・罠カードの効果を受けない。


聖杯とは逆の性質のカード。
ロックカードをすり抜けたり、全体除去から守ったり、とても汎用性が高い。
聖杯とは違ってロマンなことはできないけど便利ではある。
高騰するんだろうな、うん。


《活路(かつろ)への希望(きぼう)》 †
通常罠
自分のライフポイントが相手より1000ポイント以上少ない場合、
1000ライフポイントを払って発動する事ができる。
お互いのライフポイントの差2000ポイントにつき、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


「これはOCG化はないだろう」と思っていたが実現。
ライフ差をアドに変える、まさに一発形勢逆転を狙うカード。
神宣全盛期なら活躍していただろうが。
今ならライフが減りやすいサイキックに使うといいかも。(でもサイコトリガーがあるからなぁ)
もしくは逆に相手ライフを回復させるとか。エアー・ネオスに使うのも面白そう。


《フリッグのリンゴ》 †
通常罠
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
自分が戦闘ダメージを受けた時に発動する事ができる。
自分が受けた戦闘ダメージの数値分だけ自分のライフポイントを回復し、
自分フィールド上に「邪精トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この効果で自分が回復した数値と同じになる。


カイエントークンだけ出てくるゴーズ。
レベルが低いのでシンクロ召喚には使いづらいけど、ジャンクさんを大幅に強化できる。
ブリージンガ・メンと合わさり、ジャンクさんは大きく強化された。
このカード単体としてはゴーズと違い警戒されにくい点が特徴(伏せは伏せで警戒するが)。


《六尺瓊勾玉(むさかにのまがたま)》 †
カウンター罠
自分フィールド上に「六武衆」と名のついたモンスターが
表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
相手が発動した、
カードを破壊する効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。


六武好きだなオイ。剣闘の再来か?
冬に薄い六武が出るな……


《カース・オブ・スタチュー》 †
永続罠
このカードは発動後モンスターカード
(岩石族・闇・星4・攻1800/守1000)となり、
自分のモンスターカードゾーンに特殊召喚する。
このカードがフィールド上にモンスター扱いとして存在し、
このカード以外のモンスター扱いとした罠カードが
相手モンスターと戦闘を行った場合、
その相手モンスターをダメージ計算後に破壊する。
このカードは罠カードとしても扱う。

《ソウル・オブ・スタチュー》 †
永続罠
このカードは発動後モンスターカード
(岩石族・光・星4・攻1000/守1800)となり、
自分のモンスターカードゾーンに特殊召喚する。
このカードがフィールド上にモンスター扱いとして存在する限り、
このカード以外のモンスター扱いとした罠カードが
相手によって破壊され自分の墓地へ送られる場合、
墓地へ送らず魔法&罠カードゾーンにセットする事ができる。
このカードは罠カードとしても扱う。


罠モンスターをサポートする、ユニークなカード。ウリアに使えるのかしら。


僕は受験が終わったら遊戯王頑張りますので、今は更新頻度が低いですが許してください。
来春には、より安くより強くがんばっていきます。

ではでは。

スポンサーサイト
コメント
コメント
六武衆は一体何処へ行こうとしているのか
2010/11/18(木) 14:39:57 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://32gu.blog64.fc2.com/tb.php/108-4e235f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。