namaの安くて強い遊戯王デッキ研究所
遊戯王カードについて、新たな可能性と、比較的お財布に優しいデッキを研究していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コラム:難解ルール「タイミングを逃す」
今回は、デュエリスト誰もが苦戦するルール「タイミングを逃す」についての解説です。
※カードの効果・文章等は「遊戯王カードwiki」より引用しております。
○遊戯王の環境に大きな影響を与えた、超難解ルール

この「タイミングを逃す」という概念は、《暗黒魔族ギルファー・デーモン》の登場から始まります。

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守2500
このカードが墓地へ送られた時、フィールド上に存在する
モンスター1体を選択して発動する事ができる。
このカードを攻撃力500ポイントダウンの装備カード扱いとして、
選択したモンスターに装備する。


そして、このカード。

《リーフ・フェアリー/Woodland Sprite》 †
効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻 900/守 400
このカードが装備している装備カードを1枚墓地へ送る。
相手プレイヤーに500ポイントダメージを与える。


これらを使って、「こんなことができるのじゃないか?」という意見が出てきました。

1.《リーフ・フェアリー》に《暗黒魔族ギルファー・デーモン》を装備。
2.《リーフ・フェアリー》の効果で《暗黒魔族ギルファー・デーモン》を墓地に送る。
3.《リーフ・フェアリー》の効果で相手に500ダメージ。
4.墓地に落ちた《暗黒魔族ギルファー・デーモン》の効果で《リーフ・フェアリー》に装備。
5.2へ戻る。

もしこれが可能であれば、所謂無限ループとなります。

しかし、ここからが遊戯王の怖いところ。
追加ルール「タイミングを逃す」によって、このコンボは不可能になりました。

○「タイミングを逃す」って何?

難しく言うと、「効果処理の途中任意効果を発動するタイミングを逃す」ということ。

わかんないと思うので、図を用意しました。

まず、ギルファーデーモンの効果が発動できる状況を説明します。

戦闘破壊の場合


ギルファーデーモンが戦闘によって破壊され墓地に送られた時に、「効果を発動するかどうか」を選択する必要があります。
ゲーム作品をプレイされたことがあるなら、「効果を発動しますか?」と必ず聞かれますよね?アレです。

ところが・・・

リーフ・フェアリーのコストの場合


リーフフェアリーのコストで墓地送りにされると、話が変わってきます。
墓地コスト→ダメージ効果発動が絶え間無く続くため、「墓地に送られた時」という時間が、任意効果を発動するかどうか決める前に過ぎて行ってしまいます。

よって、効果を発動するタイミングを逃す、ということになります。

まぁ、こんな稚拙な説明じゃわかんないと思うんで、慣れで覚えてください。
僕もあんまりよく分かってないんで。

○よくある事例


①ユベルに対してソウルテイカーを発動すると、ソウルテイカーの効果「モンスター破壊→相手ライフ回復」と絶え間なく続くため、ユベルの「カード効果によって破壊され墓地に送られた時に発動する、第二形態に進化する効果を発動するかどうか」を決めるタイミングを逃します。

②引きガエルをリリースし水霊術-葵-を発動すると、葵の効果が「コストでリリース→相手手札をデッキに戻す」と絶え間なく続くので、引きガエルの「墓地に送られた時、デッキからカードを1枚ドローする効果を発動するかどうか」を決めるタイミングを逃します。

③代打バッターをリリースしてアドバンス召喚すると「リリース→モンスターをアドバンス召喚」の流れが絶え間なく続くので、代打バッターの「墓地に送られた時、手札の昆虫族モンスターを特殊召喚する効果を発動するかどうか」を決めるタイミングを逃します。


おわかりいただけたでしょうか?

他にもたくさん起こりうるので、デュエルの時は注意しましょう!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://32gu.blog64.fc2.com/tb.php/107-adbc3a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。